どんな人なら看護師の夫として合格?

f:id:nursewaltz:20160205172807j:plain


看護師は女性職場。それだけに、かなり赤裸々な話題が出ることもあります。

たとえば結婚を考えている場合「この人は結婚後、使えるかどうか」なんていうことがテーマになります。

使えるかどうかなんて、男性に対して失礼な言い方ですが、不規則シフト&フルタイムで働くナース女子にとっては、真剣なことなのです。

家事の手抜きが許されるか

ここでいう“使える男性“というのは、家事の手助けになるかどうかということです。あらためて考えると、ホント失礼なことを言っていますね~(笑)。

ですが1日のほとんどは働いている看護師にとって、家事と言う新しい負担が増えることは、結婚に踏み切れない理由でもあります。


実際、「同棲なら家事の手を抜いても文句を言われないから」と、事実婚のままで籍を入れない看護師って結構いますよ。

そこで看護師がねらうのは、結婚後に家事の手抜きをしてもあまりうるさく言わず、多少は家事の手伝いもしてくれる男性と言うことになるのです。ああもう、ホントにごめんなさい(笑)。

男性の女子力がポイント

こういう場合、周囲からも大丈夫だと太鼓判を押されるのは、女子力が高い男性です。

女子力が高いと言うのは、決しておとなしい草食男子ではありません。料理やそうじなど自分の身の回りのことができ、気配りがよくできる人です。話をよく聞いてくれるというのも女子力の高さですね。

要するに、仕事の邪魔にならないで、しかもこっちの話を聞いてくれる人です。そんな都合がいい男性はそうそういないので、看護師はますます結婚しにくくなるのです。

ちなみに、看護師は離婚率も高いですよ。バツイチで子持ちというのは珍しくありません。結婚でいったん寿退社した後に、離婚してシングルママになって復帰と言うのはよくあるパターンです。

おやじ化?

まめで気配りができて料理上手。このフレーズって、どこかで聞いたことがあります。そう、一昔前の結婚したい女性の条件です。看護師はおやじ集団だと言われることもありますが、こういう話をしていると、それって正しいかもと思ってしまいます。

看護師はよく稼ぎ、よく遊び、仕事に真剣に向き合っている。なんだかモーレツサラリーマンみたい。バブル期のテレビ特集なんかでよく見るじゃないですか。24時間働いて、ムダ金をバンバン使う人。あれですよ(笑)。

いえいえ、ちゃんと堅実に働いて貯金している人もいますし、家事との両立ができている先輩看護師もおおぜいいます。どちらも、空の上の人と言うか、ちょっと自分とはレベルが違う人と言う気がしますね。

家庭持ちの看護師は仕事のスピードが速い!定時に帰りたい気持ちが、強いからでしょうね。

九州男児は敬遠される

偏見ついでに申し上げますが、看護師仲間で「この人と結婚すると大変かも」と言われているのが九州男児です。

九州生まれ九州育ちの男性は、生まれた時から完璧な専業主婦ママを見ています。奥さんにもそのレベルを求めてくるので、看護師をしながら家事をする程度では、旦那さんの考えるクオリティに届かないんだそうです。

もちろんそんな九州男児ばかりではないと思いますが、「わざわざ地雷を踏まなくてもいいんじゃない?」と言われて、結婚をためらう看護師は少なくないんです。

以上、看護師の勝手な言い分をもとにした、理想の結婚相手でした。