料理はセンス!

f:id:nursewaltz:20160218115012j:plain

料理はセンスです。これはもう、生まれつきとしか言いようがありません。

たしかに子供のころからの訓練とか、毎日やむにやまれず家族のご飯を作っているうちに上達したという人もいるでしょう。

しかし、上達の道すじがなかなか見えない人にとっては、料理は苦行以外の何物でもありません。

【努力はするけど】

以前、雑誌のコラムかエッセイで「うちの周囲は、ゴミに生ごみが出ない。みんなパックいりお総菜を買っていてお料理をしないからだ」という内容を読みました。

読んであきれたという同僚看護師がその雑誌を詰所に持ってきたので、みんなで回し読み。年配の看護師はさすがにひどいと怒っていましたが、寮生活者および実家から通勤している若手看護師はシーン。とても人ごとではないからです。

看護師は仕事が不規則だし、忙しいからとてもお料理なんてできない。そう言い張ることもできます。実際にそれで押し通してきたし(笑)。

でも同期で結婚して、家事と仕事を両立しているひとも大勢いますから、あまり説得力があるいいわけではありません。

しかし、一点においてだけ、声高にいわせてほしい。料理下手だって、努力をしていないわけじゃないんです。

【火加減ってなに?】

私など、休日になればクックパッドを丹念に読み、少しでも料理工程が少ないものを厳選する。失敗した時のダメージを軽減するために、最初から材料は家にあるものだけにする。そして、舌平目の○○風ソースなどというノーベル賞ものは避けて、ぺぺロンチーノくらいで妥協する。

ここまでがんばっても、出来上がりは謎のツートーンカラー団子です。あ、ツートーンになるのは、必ずパスタのどこかが焦げるからです。まずさは折り紙つきで、泣きながら食べることになります。これなら、夜勤に行って病院食を食べている方がよっぽどいい!

おなじく料理ダメな友人は、目玉焼きを作ろうとして、クックパッドを4分間しっかり読みこんだ末に、やはり謎の2色せんべいができたそうです。たぶん、どちらも火加減というものは壊滅的にわかっていないんでしょう。

【同じクオリティは、むり】

もう許してください。料理はセンスです。センスがないヤツは、どんなに努力したってむくわれない。料理上手な人に悲惨な経験を話すとびっくりされ「目玉焼きでどうやって失敗できるの?」と逆に問い詰められる始末です。

いいえ、おかしいのはあなたたち。30分で3品を作るなんて(しかもどれも失敗せずに)、無酸素でエベレストに登頂することと同じです。出来ない私たちは、そっとしておいてください…。