左利きを矯正するか・しないか

f:id:nursewaltz:20160320185623j:plain

まわりから見れば「どっちでもいいんじゃないだろうか」ということでも、家族にとっては深刻なことがあります。

子供の利き手に関しては、けっこうこだわりがある人が多いみたいですね。右利き、左利き、どっちでもいいような気がしますけど?

【左利きは直したい?】

あるとき、友人と食事をしていたら隣にいた家族連れが、ちょっと声高に言い争っていました。

なんだと聞いていたら、どうも子供の利き手のせいらしい。左利きの子供に右でスプーンを持たせたいお母さんが、一生懸命食事中も直していたのです。

聞いているともう大変です。子供は幼稚園くらいかな、たぶんまだ3~4歳だろうと思います。

「○○ちゃん、スプーンはこっちの手。こっちよ」と毎回握り直している。お母さんと子どもの食事はちっとも進まないので、向かい側にいるお父さんだけが先に食べ終わっちゃっている状態です。

それでもお母さん、一生懸命直している。子供もがんばっているけれど、私の見るところ、子どもはもう完璧な左利き。右手でスプーンを持ちながら、左手がテーブルをうろうろしているんです。ああ、そっちで持ちたいんだろうなっていう感じです。

結局、食事がすむまでに1時間くらいかかったと思います。子供は途中で飽きたらしく、もうスプーンがどうのと言うより、ご飯そのものが放ったままでした。

あのお母さん、ちゃんとご飯を食べられたのかな。もう覚えていませんが、子供の手を直すスキに、大急ぎでポイポイ食べていたような?いや、ホントに食べていたのかなあ。

【子供のいい分】

後から、たいへんだねと言うと、友人が一言「あれで子どもにストレスがかかるんだよ。左利きの矯正って、子供の人生をかえるよ」とバッサリ。

実は、彼女自身が左利きを右利きに直された経験があるんです。もっとも、完全に治しきれなかったようで、彼女は左利きの看護師です。

詰所で見ていると、両手利きかなと思うこともありますが、字を書くのもお箸も左です。聞いてみると

「そうなの、私は失敗例。ずいぶん長く治されたけど、結局右利きになれなかったの。今思えば、あの時に費やした無駄な時間を別の事にあてていれば、ぜんぜん違う人生があったかも」だって。

彼女に言わせると、親に厳しく直されたため、かえって右と左が混乱して分からなくなり、けっこう大きくなるまでそれがコンプレックスだったそうです。

「左利きは、自然に左利きなの。好きでそうなったわけじゃなくて、生まれた時からそうなんだから、矯正なんてしないでほしいわね」というのが、修羅場をくぐった本人のご意見です。

左利きの人にアンケートとれば、みんながどんなふうに感じていたのかが分かるんだろうなあ。

ちなみに両手利きというのは、精神的な発達が遅れる傾向があります。自然な両手利きと言うのはいませんから、彼女のように左利きだったのを直されて、いつのまにか両手を使えるようになったひとでしょう。

大人になれば、もちろん遅れはなくなりますが、子供時代は他の子よりも勉強や精神的な発達が遅れることがあるんです。

【親心です】

しかしね、今の日本は右利き用に出来ていますからね。左利きはやりにくいですよ。早くから直せば右利きになるかも、という期待があるから、親御さんもがんばるわけです。これもやっぱり、子を思う親心だと思いますね。