やっぱり京都

f:id:nursewaltz:20160405182027j:plain

相変わらずどこにも出かけていません。なんていうんでしょう、引きこもり?いや、仕事とショッピングはいっているので(相変わらず、お洋服を買っています(笑))、引きこもりではないんですが、職場と家、ショッピングモールだけの往復って、どんなもんでしょう。最近は、飲みにも行っていないし。

【京都は特別】

とにかく忙しすぎるんです。看護師はシフト勤務だから、今日は日勤、明日は昼まで寝ていて夜勤入り、夜勤が明けたらうちで寝て、1日休んで2日勤。こんなタイミングで、いったいどこへ行けばいいんでしょ。

そうぼやいていたら、友人(看護師でない)が「そういうときは、やっぱり京都よ」と言いだした。

このフレーズ、意味がわかりませんけど説得力がありますね。やっぱり京都。奈良でも大阪でもなく、京都。

何をしに行くのか、目的は決まっていないけど京都。京都って、そこにいるだけで洗練された感じがするんですよね。和風美人がいそうだし(笑)。

【夜勤明けにゴー】

行きましたよ。夜勤明けのまま新幹線に乗り、爆睡(笑)。ついたらもう京都駅でした。

あら、このパターンって時間も有効利用できるし、くせになりそう。京都駅を降りて、でっかい駅ビル(ここがまた、なんだか和風おしゃれゾーンなの)でお茶を飲み、友人が持ってきたガイドブックで行き先をきめる。

なんかバックパッカーみたいでいいですよね。バックパッカーなんてやったことないけど(笑)。

友人がアンティーク着物を見たいと言うので、知恩院へ行きました。近くにお店があって、広くないけど中には着物がぎっしり。

昭和レトロっていうんですか、今ではないようなハデな柄の着物が山のようにたたんであるんです。着物マニアの友人は早速ほりだしものを探しに行き、私は小物をチェック。

いや~、さすが京都、和小物のクオリティがたかいですね。ポーチや巾着もいいけど、古い着物をほどいて作ったと言うバッグがかっこいい。

このバッグ、絶対に職場には持っていけないと思ったけど買っちゃった(笑)。

すぐに荷物を入れ替える私。そう、夜勤明けのまま来たので、トートバッグにすべてのものを突っ込んだきりなんです。こんなオシャレじゃない恰好で、オシャレな京都に来る私って、ある意味度胸がありますね(笑)。

【女子にヒットする】

買い物を終えて、知恩院を見て、近くのカフェで京都のお総菜ランチをたべ、まったりしてから帰ってきました。

なんでしょう。京都って女子のハートのど真ん中にヒットするんですね。和風なもの、おいしい食事、買い物、カフェ。

同じようなものは東京にもあるんだろうけど、東京ほど忙しく、エネルギッシュでない感じ。かといって、京都は奥には踏み込めないけど、観光で来るならそれで十分です。

いやー、楽しかったです。京都での滞在時間は6時間くらいしかなかったけど、リフレッシュしましたよ。これはクセになります。今度は1人でも行ってみようっと。ただ、1人だと夜勤明けの爆睡で京都を乗り過ごしそうなのが心配なんだけど…(笑)。